ブランドアイコン
門崎熟成肉 格之進

ブランド紹介をみる
格之進は世界で一番、お肉に真剣な会社でありたいと考えています。 「お肉に真剣」とは、どういうことか? それは、牛に対して真剣に向き合うことだと、私たちは考えました。 まずは牛に向き合い、お肉に向き合う。 そうしたことが、格之進の熟成肉を高めたのだと思います。 お肉に真剣に向き合った結果、多くの気付きを得ることができました。 一番は、「新しい農業のあり方とはどういうことか?」ということでした。 「新しい農業のあり方」とは、お客様をどんどん巻き込んでいくことだ、と考えるようになったのです。 お客様に、私たちのお肉のことをきちんとご説明し、お召し上がりいただき、そして評価していただく。 私たちはお肉を通じて、お客様との繋がりを大切にしたいと考えています。 私たちはお肉に真剣に向き合い、「お肉のプロ」だと自負しております。 お肉のプロとして、お肉の美味しさを引き出すことを追求した結果、格之進の熟成肉は更に美味しくなり、「塊焼き」という調理法が生まれました。 私たちのベースにあるのは、お肉に対するやさしい思いを大切にすることです。 格之進の熟成肉というのは、そのやさしさによって生まれた美味しさのひとつと考えています。 格之進にはもうひとつの自信作があります。それがハンバーグです。 通常は端材を使用して作られることの多いハンバーグですが、格之進のハンバーグは、お肉のプロがハンバーグのためだけにお肉を選びます。 生産者さまから「ぜひ格之進のハンバーグに、うちのお肉を使って欲しい。」と言って頂けるような、美味しいハンバーグを目指しました。 そして、そのお肉の美味しさを更に引き出してくれるのが自家製の塩麹です。 この塩麹はすべて岩手産の素材で作られています。 地域の生産者とともに「新しい農業のあり方」を模索した結果として、格之進のハンバーグは熟成肉とともにおすすめしたい自信作の一つとなりました。 私たちは、お客様に消費を通じた未来への投資をお願いしたいと考えております。 みなさんにお願いしたいのは、消費を通じて農業や食を支えていく、という意識を持つことです。 みなさんがそのような生産物を消費されるかどうかで、未来は変わります。 そして私たちの務めは、そうしたみなさんの意識にお応えできるように取り組んでいくことだと考えております。
ページトップへ ▲