ブランドアイコン
川崎ブレイブサンダース

ブランド紹介をみる
川崎ブレイブサンダースは、1950年のクラブ創設以降70年以上変わらず川崎を拠点としており、「MAKE THE FUTURE OF BASKETBALL〜川崎からバスケの未来を〜」をミッションとして地域に愛されるクラブを目指しております。 クラブアイデンティティは「BE BRAVE」。前身の東芝時代を含めてリーグ優勝4回、直近は2021年、2022年と天皇杯連覇を達成しており、B.LEAGUE屈指の強豪クラブです。 B.LEAGUE 2021-22シーズンのキャプテンを務めた藤井祐眞選手は3年連続のリーグ個人賞3冠とレギュラーシーズンMVPを受賞、2022年の天皇杯ではMVPを受賞。また篠山竜青選手は2019年W杯の日本代表キャプテンを務めており日本代表経験のある選手が数多く在籍しています。
ページトップへ ▲